test
Loading player...

【オーストリア】ウィーン マリア・アム・ゲシュターデ(教会)

ウィーンのマリア・アム・ゲシュターデ(Maria am Gestade)は、市内中心部に位置するゴシック様式の美しい教会で、ウィーンで最も古い教会の一つです。 この教会は14世紀に建設され、その名前は「河岸のマリア」を意味し、かつてはドナウ川の岸辺に近い場所にありました。 マリア・アム・ゲシュターデ教会の外観は、細長い形状と繊細なゴシック様式の装飾が特徴です。特に高くそびえる尖塔と精緻な彫刻が目を引きます。 教会の内部には、美しいステンドグラスの窓や、見事なゴシック様式の祭壇があり、その荘厳な雰囲気が訪れる人々を魅了します。 この教会は、中世の巡礼地としても重要で、多くの信者が訪れました。また、オーストリアの守護聖人である聖ループレヒトに捧げられた礼拝堂もあり、歴史的な宗教的遺産としての価値が高いです。

撮影協力:

あなたにおすすめ